財産分与の基礎知識

財産分与というのは離婚の際に必ず必要な手続きでもあります。
愛し合った人たちが離婚をして、その際に掛る費用の数々はとてもトラブルの種になります。

なんらかの理由があるとはいえ辛いものです。
ですが、この財産分与をしっかりとすることで今後別れたとしても良い形で互いにスタートできる事なのできちんと理解を進めておきましょう。

まず、対象となるものを説明します。
現金、株、家、不動産関係、車、年金などです。
退職金の場合は例外がありますが結婚期間中からは含まれて払わないとなりません。
名義が違うという理由は全く関係なく、結婚をした際から離婚までの日々になります。

また対象にならないものは、結婚前に所有していたもの、家具を含めてです。
結婚前の現金や貯金(これに関しては証明できなければなりませんので実質的に難しいです)相続財産、この相続財産トラブルがとても多いので良く理解をしておいてください。

離婚後から2年以内に財産分与を行いますが、それが過ぎればどんな理由であろうと出来ません。
例えば相手側が隠蔽をしていて、それが2年後にわかったとしても支払う義務はありませんので、何かしら結婚期間中や離婚前の際は証拠として抑えておくことが必要です。
それ以外に離婚の際に金銭を要求しませんといった場合も同じで、後に請求できません。

この財産分与に関しては慰謝料よりも面倒で互いの言い分があって請求しあうので面倒な場合は家庭裁判所に調停を出したり、弁護士による手続きがなされます。
これは財産の隠蔽などが重要になりますのできちんと離婚したいと思ったときは相手側の通帳、資金、資産、色々と調べて証拠を自分で集めてください。
予想や、憶測では無理になります。

大体相場が決まっていますが、共働きの場合は折半です。
またどちらかが働いている場合に関しては割合が変わります。
これは家庭における貢献度合いが認められたほうが多くもらえます。
働いてない人にとっては不利ですので覚えておいてください。

また綺麗に終わらせる為にも最後ぐらいはしっかりと話し合い、トラブルの無いように財産分与を行ってください。
財産分の際は気をつけて下さい。
こちらの財産分与のポイントについての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 夫婦のけじめ All Rights Reserved.